中学受験と塾の必要性

通常、中学校への進学は公立であれば受験は不要で、地域的に指定された中学校へはそのまま進むことができます。
しかしながら、いろいろな要因で、受験の必要な中学校へ進学する場合があり、その中で一番多いのはやはり学力の問題でしょう。
学力の高い中学校に進学できれば、その後の道が開ける可能性もある訳です。
そして、関門たる受験を乗り越えないといけません。
そのため、まずは学力を身に付けることが必要です。
通っている小学校の勉強だけでは、まず合格出来ないでしょう。自分で勉強する事も出来るでしょうが、それはとても並々ならない努力が必要で、とても大変です。
塾は、目指す中学校別にカリキュラムを組んで、あくまでも「合格」するための特別な授業をしてくれます。
提出される問題に、柔軟に対応できるように訓練されることも必要でしょう。
現在の小学校、中学校、そして進学のシステムからすると「塾」というものの必要性はかなり高いものになっていると思います。

中学入試対策については中学入試対策BOOK49※入試まで何をすればいいの?